スマホで勉強は合理的なのか

スマホで勉強は合理的なのか

最近はスマホ等の端末を利用した学習スタイルも普及しています。

しかし従来のやり方ではなく、スマホを用いて何かをを勉強するのは、問題ないのでしょうか?

気が散ったり、他のアプリや通知で集中力が切れたりしそうですよね。

そこで本節では、スマホと勉強の関係性について調べてみました。

「ピースオブケーキ」
無料体験レッスンを受講!

学習とスマホは切り離せない関係

東京大学の調査結果によれば、今の時代スマホと学習は密接に結びついていることが明らかになりました。

実際、中学生の90%、高校生の95%が、学習にスマホを取り入れているようです。

その理由として、調べ物が瞬時に行える点や、YouTubeのような動画プラットフォームを用いて視覚的に勉強できるというメリットが挙げられます。

Piece of cakeの学習も動画コンテンツを利用したものなので、視覚的な学習の1つですよね。

机上の勉強だけでなく、視覚など五感に刺激を与える方が定着率がアップするのは言うまでもありません。

動画を視聴しなくても聞き流すだけで記憶に定着しますので、ぜひ繰り返し利用していきたいところです。

様々なアウトプットに対応

アウトプットの重要性は、コロンビア大学の研究が示しています。

インプットとアウトプットの比率が3:7の時、一番効率よく暗記することができるそうです。

そして英会話におけるアウトプットはとにかく話すことなので、スマホとの相性も抜群です。

Piece of cakeの受講生と交流を持ち、互いに切磋琢磨できるコミュニケーションの輪を広げていきましょう!

通知やアプリは完全に遮断!

スマホの勉強で気になる点は冒頭で申し上げた通り「集中力が続くのか」ということですよね。

どうやら、これも問題ないようです。

なぜならこれを解決するための便利アプリも登場しており、それを使えば一定時間、アプリや通知をロックして、完全に集中できる空間を作ってくれるからなのです。

他にも、スマホの利用を制限するアプリは様々ありますので、自分の意志力をあてにするのではなく、コミットできる環境作りにも注力しておきましょう!

「ピースオブケーキ」
無料体験レッスンを受講!
TOPページを見る